問題前に指摘

会社の経営者二とて、クレームやトラブルは真っ先に対応すべきものになります。解っていても放置してしまうと大きな損害につながってしまうケースがあります。金銭的な問題だけでなく会社に悪いイメージがついてしまうと、会社の存続にも大きな影響が出てきます。そのためいかに問題が起きないように経営をするのか重要です。

そこで経営者以外にも会社にとって細やかな配慮ができるのが顧問弁護士の存在です。弁護士というとトラブルや法的問題が起きた時に依頼するイメージがあるでしょう。しかし顧問弁護士は毎月決まった契約金を支払う事で、定期的に会社と関係性を築きあげていきます。経営者にとって信頼できる相手になればなるほど小さな相談事が増え、大きな問題になる前に問題解決につながるケースも増えていきます。また顧問弁護士にとっても、会社の状況や経営者の性格や会社の経営理念を知ることで、今抱えている問題や今後の展望に対して生じる可能性がある問題点に対して、法律的な問題点を指摘することができます。経営者でも、書面一つでも法的に効力があるのかどうか自分で判断する事は難しいです。そういった時にアドバイスを受ける事で、安心して契約を結ぶことができます。