顧問弁護士の役目

顧問弁護士という言葉は普段聞きなれないというが多いでしょう。弁護士は知っていても日常生活で身近に感じる人は少ないでしょう。しかし会社を経営している人の多くは顧問弁護士を雇っている為、弁護士を身近な存在として感じている人が多いです。親密な関係になると会社の事だけでは無く、家庭内や身内のプライベートのことでも相談する程、信頼を寄せる存在になる事も多いです。そんな顧問弁護士はどのような役目をしているのでしょうか。

顧問弁護士は一定の費用を支払う事で雇う事ができます。そして定期的に会社の状況を把握し依頼人との関係性を築きあげていきます。会社の今抱えている問題だけでなく、これからの経営方針に対してどのような法的な問題がでてくる可能性があるのか、どのように対応する事で、事前に問題を回避できるのかなどアドバイスをもらう事ができます。特に新規の事業を始める時にはどのような問題が起こるのか経営者自身も想定できない事があります。顧問弁護士は様々な企業の経営者と接する機会が多い為、どのような問題が発生しやすいのかなど事前に情報を得る機会があります。そのため同じ様なトラブルを事前に避ける事も可能です。更に急なトラブルが起きた場合でもすぐに駆けつけてもらうことができ、すぐに状況を理解してベストな解決法を法律的な観点でアドバイスをもらえます。経営者は会社内で自分の意見を相談できるパートナーが少ないです。そのため外部で何でも打ち明けられる顧問弁護士の存在はとても重要です。

参考資料:http://www.adire.biz/counsel-lp/